MOS(Microsoft Office Specialist)対策講座

 MOSとは?

正式名称は、Microsoft Office Specialist(マイクロオフィススペシャリスト)。
エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の操作スキルを証明できる国際資格です。
多数の企業で社員教育に導入されており、信頼度も高い資格です。


 MOSを持っているメリットは?

MOSの取得は、ワード、エクセルなどのソフトを一定レベルで使いこなすことができることを客観的に証明することができます。資格に期限はありません。
また、基本操作がひととおり出題されるので、独学によるかたよった知識を補うといった意味でも受験する価値があります。ワードやエクセルを体系的に学ぶことで、作業効率が格段にアップすることが実感できるでしょう。

ワード、エクセル、パワーポイントを使って、オフィスワークもバッチリ!!
MOSイメージ

(図)ワード、エクセル、パワーポイントを使って、オフィスワークもバッチリ!!



MOSとP検の違いは?

MOSはワードやエクセルなどのソフトを使いこなすことができることを証明する資格。

P検はパソコンの知識全体を問う資格に当たります。

 

仕事や学校で、書類の作成やデータの統計、プレゼンテーションをする、といった場合はMOS。

インターネットで情報収集をしたり、パソコンを使う上での基礎知識が必要といった場合はP検を選択するといいでしょう。


学習の進め方

MOS、P検は教材の学習を終えた後、本番の試験さながらの模擬試験を受けていただきます。

実際に受験する前に、教室でインストラクターといっしょに最後の仕上げを行うことで、本番で緊張して失敗!といったことが無いように体を慣らしていきます。安心して受験してくださいね。


新規入会キャンペーン中!今なら、先着5名様限定でご入会金5,400円OFF。無料体験レッスンも受付中。問合せ・申し込みをする。
お電話お問合せはこちらから:042-480-0015